ブログ

トップ > ブログ

2008年01月25日

オーク

こんにちは。
先週積もった雪がようやく溶けて春に向かうかな〜と思った矢先、
昨日の新潟は猛吹雪に見舞われました。
通いなれている通勤路も、視界が真っ白だと今自分がどこを走っているかさえわからないので、
ビクビクしながら運転しました(汗)
みなさんも、事故には気をつけてくださいね!

今回から、勉強も兼ねて「木」についての記事を少しずつupしていこうと思います。

第一回目は「オーク」です。
オークとは「ブナ科コナラ属の広葉樹」の総称として用いられる英語の呼称です。
多くは落葉樹ですが、中には常緑樹もあり、全部で数百種以上(!)もあるそうです。

日本では落葉樹は楢(ナラ)と常緑樹は樫(カシ)と呼ばれます。
西洋でオークというとほとんどの場合は日本のナラ類に相当する落葉樹のものです。


オークは加工しやすい材が多いので、古くから家具やフローリング、
ウィスキーやワインの樽の材料などに使われてきました。

材質は堅く、はっきりとした木目が特徴です。
UENOで扱っているアドモントフロアのオークは
ヨーロッパ原産のイングリッシュオーク(別名:ヨーロピアンオーク)という落葉性のナラ類ですが、
主張しすぎず高級感のある床材として世代を問わず人気があります。

アドモントフロアの中にも仕上げの異なるオークの床材がそろっています。
どの仕上げがお好みですか??


オーク大080125.jpg
 自然な風合いを楽しむオイル仕上げ


オークW大080125.jpg                          


                     明るい印象のホワイトオイル仕上げ
 


オークM080125.jpg
 
  
 オークD大080125.jpg

  重厚感・高級感の増すモカシリーズ
  (左ミディアム・右ダーク)






また、アンダーセンウィンドウの内側をオークにすることもできます。
床と窓をオークで統一、なんて贅沢な組み合わせはいかがですか?


IIZUKA







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
過去ログ
2015年01月(1) | 2014年12月(4) | 2014年11月(2) | 2014年10月(2) | 2014年09月(1) | 2014年08月(1) | 2014年07月(1) | 2014年06月(2) | 2014年05月(1) | 2014年04月(2) |

このページの先頭へ


| 会社案内 | 個人情報の取扱について | お問い合せ |サイトマップ |

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。