ブログ

トップ > ブログ

2015年01月16日

新年

あけましておめでとうございます。

といってもあけてから2週間も経ってしまいました。もっと筆まめになりたい。。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、弊社のホームページが装い新たにリニューアルいたしました!
カタログをPDFファイルにてダウンロードできるようになりました。
ぜひともご利用ください。

そして、弊社もインターネットショップを(ひっそりと)オープンしました。
まだまだ、簡素な作りでお恥ずかしい限りですが、
これから随時商品を追加していきたいと思います!
Yahoo!ショッピング内、「ウエノマーケット」で出店しております。
こちらもぜひぜひご覧ください。

フレッシュな気持ちで2015年スタートしたいと思います!!

おがん☆


posted by 上野住建 at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月26日

年末年始休業のお知らせ

日頃は、格別のお引き立てを賜わり厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、弊社は
2014年12月30日(火) から 2015年1月4日(日) までの期間、
年末年始休業とさせていただきます。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

この期間中にいただきました当ホームページ宛のお問合せにつきましては、
2015年1月5日(月)以降の対応とさせていただきます。



この一年、上野住建ブログをご覧いただきありがとうございました。
今後も楽しくためになる内容をたくさんお伝えしていきます。

皆さまどうぞよいお年をお迎えください。




posted by 上野住建 at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月12日

窓について

新潟県では明日から大雪警報がでております。
どれ位積もるのでしょうか…
1歳の娘は初めての雪を前に
どんな反応を見せるのか少し楽しみではあります☆

今回は窓についてブログ書きます。
みなさんの窓を選ぶ基準はなんでしょうか?
窓にもいろいろな種類があります。
アルミ窓、アルミ・樹脂の複合窓、樹脂窓、木製窓。
どれが一番良いのでしょうか?
性能を考えれば木製窓か。
メンテナンスを考えると樹脂窓か。
価格ではアルミ窓か。

非常に悩むところだと思います。

その中でUENOのおすすめは、樹脂・木製の複合窓となります。
まだまだ、一般的には知られてはいませんが、
アメリカでは非常に有名なメーカである「アンダーセン」です。
unit400_01_01.jpg
●木部を樹脂でくるむことにより、外部のメンテナンスフリーとなっております。

室内にはしっかり木部がでますので、インテリアとしても楽しむ事ができます。
4.JPG
●ブラウンに塗ってみたり、

_ 2.JPG
●グレーに塗りつぶしてみたり。

木部ならではの楽しみがあります☆

先日お邪魔した現場で、窓で工務店を決めた!と嬉しい言葉をいただきました。
※この工務店さんは、アンダーセンを標準採用して下さっています。

樹脂と木製の複合サッシは、非常に効率的な窓だと思います。
UENOは、25年このアンダーセンの代理店をしています。
興味がある方は、実物も見る事ができますので、お問い合わせください☆

小唄♪







posted by 上野住建 at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月06日

建築楽訪

2週間以上、新潟では大荒れの日が続いていますね。
お日様を見たのはいつのことでしょう・・・

そんな大荒れの天気の中休みの日、12月4日(木)パッシブハウス・ジャパン代表の森みわさん、茨城パッシブハウスの鞄田材木店 島田社長さんと会う機会がありました。長岡の雑多な居酒屋に案内するのもどうかなと思ったのですが、長岡の郷土料理に満足いただけたようで。
お二人からはそれはそれは情熱のある住宅づくりのお話を伺うことができて、貴重なお時間を頂けたことに感謝します。弊社もメーカー会員として日本の住宅のレベルアップに貢献できればと、常々強い思いで動いております。弊社のような小さい会社だからこそ、工務店様に小回りの効くサポートができるのではないかなと思います。
厳選したドイツの木製窓も在庫してますので(幸い円高の時に仕入れることができました!!)、こだわり派の方には一見です。

森さん、島田さん寒い中、お忙しい中ありがとうございました。

5日金曜夕方からの雪が降り続いて今日は30cm近くなりました。

nabe

R2000プラス 雪.jpg




posted by 上野住建 at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月27日

スーパーのお話

皆様お疲れ様です。
めっきり寒くなってきましたね。

さてさて今日は関係なさそうでありそうな、スーパーのお話をさせていただきます。

わたくしも営業(まだまだ卵ですが)の端くれとして、
日々東西南北飛び回っております。
最近ではお仕事でなにかと五泉市とご縁があり、
以前より気になっておりました五泉のスーパーにお邪魔してきました。

__ 1 (2).JPG

五泉市は橋田というところにあります「エスマート」さんです。
何かの雑誌でたまたま拝見し、気になっておりました。
お店に入るやいなや、「いらっしゃいませ〜、ようこそ〜」という
キラキラした声で迎えてくださいます。

そして何よりこのお店は商品をPRするPOPがすごい!

__ 1 (3).JPG

__ 1.JPG

__ 2 (3).JPG

__ 2.JPG

店長さんにも快諾をいただきまして写真を撮らせていただきました。
「ここで商売やってる以上、こうやって楽しく発信するしかないからね!」
と、店長さんは話してくださいました。
従業員さんも、訪れるお客さんもみなさんニコニコと楽しそうにされていたのがとても印象に残りました。

__ 2 (2).JPG

「一番売れてて、うんめよ〜」というPOPに惹かれて「生どら焼き」なるものを買いました。
1個150円、ですが確かに美味。買って良かったなーという気持ちになりました。

商品の良さ、購入する楽しさをお客様に訴求することの大切さを勉強させていただきました。
扱う商品、業態、対象は違えど、こんな風に営業できるよう精進したいと思います!

おがわん☆
posted by 上野住建 at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月20日

現場訪問

最近少し肌寒くなってまいりました。
季節の変わり目は、体調管理に気を付けたいものです。

先日お伺いした物件で、
UENOの商品を個性的にご使用頂いていたのでご紹介です。

素材は、「アドモント三層パネル」という造作材です。
ご使用頂いたのは、樹種:スプルースとなります。
サイズが変わっていまして、2500×2030×35 or 19mmの大判なんです。
カットして、そのまま内部建具に使う方が最近増えています。
今回ご紹介する使用例も内部建具なのですが…

__ 1.JPG

__ 2.JPG

__ 3.JPG

こんな風に頭がアーチになっていました!
お話を聞くと、娘さんの希望によりこのデザインになったとか。
しかも、三女で建具色、壁の色を変えています。

造作材の良さは、既成品では出せないサイズ、形が
表現できる事だと感じました。

こちらのお客様は、私も直接お話をした事があり、
特に思い入れのある現場でした。

ご使用頂き、本当にありがとうございました。

小唄♪


posted by 上野住建 at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月10日

建築楽訪

皆様 お疲れさまです。

以前から知り合いで仲良くしてもらっています、長岡市のパスタ”アララ”様からエントランスドアの交換のお話を頂き、早速現地調査と交換工事に取り掛かりました。
現在取り付けてありましたドアは、スチールドアのピーチツリー社製のドアだと思われます。下框が腐食してお店の顔を汚してしまっているようでした。風水的にも良くないようです。
そこでシンプソン社製の米松ドアに取り替え、白い木目の出る浸透・撥水性のある塗装で仕上げました。
なかなかおしゃれにまとまりお施主様も喜んでおられて大変良かったです。
柔らかい表情のエントランスになり女性客にも大好評でした。
後日完成写真も載せます。

resize0025.jpg 腐食写真@

resize0026.jpg 腐食写真A

resize0024.jpg




posted by 上野住建 at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月19日

3層パネルを棚に!

ご無沙汰しております。
そんな間に季節も夏から秋へと変わってしまいました。
風邪などひかぬよう皆様ご自愛ください。

さて、私が先日お邪魔しました現場の写真を載せたいと思います。

弊社で取り扱っております造作材「アドモント3層パネル」のスプルース材です。
今回納材させていただいた現場では棚にしていただきました!

3パネ棚 9.10@.JPG

木口はこんな風になっております。
3パネ棚 9.10A.JPG

断面をこのように隠さずに出して作っていただくとお部屋に良いアクセントになります。
現場が完成しましたらまたお邪魔して撮影させていただこうと思います!
posted by 上野住建 at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月05日

現場訪問。

いよいよ夏が到来しますね。
ジメジメとした梅雨は早く終わってほしいものです。

先日お伺いした現場にて、面白い方とお会いしたのでご紹介。
まずは、現場のご紹介です。

__ 3.JPG

__ 2.JPG
●UENOからは、木製窓のアンダーセンを納めさせて頂きました。

そして、この外壁なのですが、
__ 1.JPG

当日、職人さんがいたので話しを聞いてみますと、
レンガを一つ一つ手で積んだとの事です!
関西の業者の方で、依頼があった時には全国へ伺っているとの事。
海外にて、技術を学んできたとか…
ホントに色々な方がいらっしゃいますね。。
せっかくなので、名刺交換をさせて頂きました。

仕事をしていると、様々な出会いがあります。
直接仕事につながるかは別ですが、ご縁は大切にしたいですね。

小唄♪





posted by 上野住建 at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月26日

建築楽訪

皆様 お疲れ様です。

最近、増税前の駆け込み需要後の景気落ち込みの話はあまり聞かれなくなりました。
想定通りというところでしょうか・・・。建築産業業界ではどうでしょうか?
オープンハウスをしてもなかなか来客がない、プランまで話が行かないなど、数社掛けまわっていてまだ決めかねている・・・など予想以上に住宅のような高価格商品にお客様も今まで以上に慎重、鈍行な動きになっているのではないでしょうか。

我々の扱います輸入建材もこの3月までの動きからガラッと変わりました。
よりこだわり商品の問い合わせが増えているように思えます。

床材では、チーク、オークなどより幅広で1枚もの。300mm幅はないか?など問い合わせもありますよ!
もちろん対応可能です!

2つ目 防火窓の問い合わせ増!
弊社でも輸入窓の防火設備窓を揃えています。また樹脂窓でも対応できる窓をご提案しています。制約条件の難しい地域ですが、一般的な引違のアルミサッシではなく、突き出し窓、上げ下げ窓などバリエーションを多く提案させていただいております。
背景には駅に近い中古一戸建てのリノベーション、又は新築など、より利便性を求めた物件の需要が多いこと、制約のある地域だが木製の窓も使いたいなど、様々なニーズが背景にあるかと思います。

どれをとっても、弊社で提案できる商品ですので、これから秋にかけてお客様の動きも多くなってくるのではないかと思われますので、差別化できるこだわり商品をお探しでしたらば、弊社にお問い合わせください。
宜しくお願い致します。

写真は最近人気のチークやウォールナット無垢床材、床暖対応の複合の床材です。

resize0023.jpg

na









posted by 上野住建 at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月20日

現場!

ごきげんよう。
、というご挨拶がツボでしたので先輩から拝借いたしました。

私もおがんというハンドルネームにてブログ参加します。
更新滞らないよう気を付けます。。

さてさて、先日お邪魔させていただきました施工現場の様子をご紹介します!
木製サッシのアンダーセンです。上げ下げ窓と、掃出し窓です。

AW1.jpeg

AW2.jpeg

掃出し窓には金色のハンドルが輝いてます!
現場にお邪魔すると勉強になることもたくさんです。

またいい写真が撮れましたらアップします☆
がんばれ日本!

おがん
posted by 上野住建 at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月19日

特注部材も承ります

みなさまごきげんよう。
ひと月以上もご無沙汰してしまいました。
季節はすっかり初夏ですね。



近ごろは床の素材に合わせた上り框や見切り材といった
特注部材のご依頼を頂くようになりました。

アドモントフロアはヨーロッパの製品なので
框など専用部材のご用意がありません。
モカシリーズをはじめとした独特の色合いや木目の商品は
既製品では合うものがなかなかありませんので
ご希望のお客様にはお好きなサイズでおつくりいたします。

式台.jpg
玄関の式台


付框.jpg
付け框

こちらはオークダークモカに合わせて製作しました。
こんなふうに床材にピッタリ合う部材をご用意させていただきます。


どうぞお気軽にお問い合せください♪


ODK






posted by 上野住建 at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月11日

ワクワクする住宅

桜も開花し、すっかり春到来となりました。
しかし、夜になるとまだまだ寒さを感じます…
温度調節が難しい季節ですね…

先日お邪魔させて頂きました住宅について書きます。
向かう前から、どんな住宅になったのかワクワクしながらの訪問でした。
それがこちらです。
__ 3.JPG

外壁は、すべてモルタルで一つ一つハンドメイドで
作られています。大きさのバランスは経験と感覚なのだとか…

__ 2.JPG

__ 1.JPG
●アンダーセン、シンプソンとの相性もばっちりです。

遠くからこの物件が見えただけで、
「あれだっ!」とすぐにわかってしまいました。
なんだか、夢の国を思い出しました。

こういった物件に携われた事をうれしく思います!

今後ともよろしくお願いします。

小唄♪

posted by 上野住建 at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月05日

建築楽訪 ドイツ・スイス エコ住宅、街並み視察A

皆様お疲れ様です。
桜の開花情報が気になる季節となりました。
同時に花粉の時期でもあります、”マスクしてティッシュ片手に観桜会”・・・毎年、雪解けと桜はうれしいのですが、花粉だけは・・・。

さて今回の視察ツアー報告ですが、ドイツ シュツットガルトのシュタイナー学校視察です。
(シュタイナー思想の詳細についてはここでは割愛させていただきます)
ここの学校は1919年にルドルフ・シュタイナーにより創立されました。
13年教育で小中高校の一貫校です。生徒数は約1000人弱、教員数は100人。
小学校5年生で将来の自分の進路を決めるのだそうです。(日本の小学校5年生とは年齢が違うかもしれません)
先生は卒業まで同じ先生が担当するそうです。

さて、ここの学校のデザインは、アールヌーボのデザイン。100%シュタイナー思想を取り入れた建築デザインではないとのことですが、その精神や年齢に応じた特徴ある教室の内装を見たり、敷地内の様々なデザインの講義棟、図書館、研修棟などが建っておりシュタイナー思想に少しでも触れることができます。
特に感心したのは、教室の内装の色はその年齢の精神に良い影響を与える内装色が使われていること。
学年というか年齢に応じて教室の内装色が違うんですね。画一化された日本の学校の内装とは全く違います。

幼稚園では・・・ピンク色 天井が低く、母の胎内をイメージした色。包まれ守られているイメージを与えます。また部分的にラーチのパネリングなどが貼られています。やはり全体的には温かみのある色合いです。

1、2、3年生の低学年・・・赤みを増したピンク色、またはオレンジ。天井は高く、活発で伸び伸びとした成長過程をイメージさせます。
4、5年生・・・緑。思春期に入る年齢。緑は明暗バランスのとれた色合い。現実と歴史を勉強し、自己を見つめる過程に適した色合い。
6〜13年生・・・青、紫など。深い思考力、正義感の形成に適した色合い。

この教育と内装色の関係は、非常に面白いと思います。抑え込み、たたき込む教育ではなく、生徒というか人間の奥深い精神から能力、個性、表現力などその年齢に応じた伸ばす教育をしているのだと感じました。
また芸術性を強く感じる建築物からは、シュタイナー思想を色濃く感じずにはいられない視察でありました。
またまた建築物以上に驚いたのは、子供たちの作製した抽象絵画や彫刻など・・・発想力と表現力、集中力、6歳の子が作製したものとは思えない作品が展示してあります。また視察当日の大講堂では、中学年と高学年合同のミュージカルの練習中でした。監督、脚本から配役、裏方の大道具、照明などすべて子供たちで考え、動いて、運営完成させるのだそうです。
唖然としたのは、なんと授業には教科書がなく、夏休みなどの宿題も通知表などもないそうです。職員室もなく先生は家に帰り仕事をするそうです。全く日本の学校のイメージとは違うものですね。

次回はエネルギー自給村をレポートします。

nabe


resize0016.jpg resize0017.jpg

resize0018.jpg resize0021.jpg 
さまざまな講義棟/教室の建築群

resize0019.jpg
高学年の教室の内装色

resize0020.jpg resize0022.jpg 
子供たちの作品集と演劇の練習










posted by 上野住建 at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月05日

日記

新潟県は例年に比べ雪が少ない年となりました。
その分、普段雪の少ない地域に降っていますね。
そんな中での、現場作業本当にお疲れ様です!

先日お邪魔させて頂きました物件を少しご紹介します。
明治4年の住宅を断熱改修した物件に
アドモント三層フロアのパインを納めさせて頂きました。
輸入品ではありますが、日本の住宅にも違和感なく使用されています。
__ 2.JPG

__ 1.JPG

断熱材の充填、窓交換、床暖房設置・・・と、
外観は当時の雰囲気を残していますが、中身は高い断熱仕様となっています。
こちらのお客様にはいつも勉強をさせて頂いております!

様々なスタイル・考え方の住宅を見させて頂く事は、本当に勉強になります。
これからも、現場へお邪魔させて下さい!

小唄♪
posted by 上野住建 at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月21日

建築楽訪 ドイツ・スイス エコ住宅、街並み視察@

皆様お疲れ様です。

関東のほうでは大雪の影響で物流の混乱が続いています。
運送会社さんからは、関東、東海地方への配達日が分からないという回答が相次いでいます。
今月いっぱいはこの混乱は収まりそうもありませんね。
それから新潟県内の除雪体制はもはや神業なのかもしれません。除雪業者のみなさん寒い中いつもありがとうございます。

さて、先日ドイツ、スイスへ行く機会がありまして、吸収してきたことを連載で報告していこうと思います。
今回の旅のメインはドイツのエネルギー自給村とパッシブハウス、スイスのミネルギーP住宅やミネルギー改修の物件視察などがメインです。
またところどころ、ドイツ、スイスの古い街並み。コルビジュエなどが活躍した時代のモダン建築住宅の視察。またドイツやスイスの国民(市民)がエネルギー自給やエコな生活を始めようとするに至るまでの話なども取り入れながらいきたいと思います。

<1回目>
シュトゥッツガルト市にて
ポルシェミュージアム、メルセデスミュージアムは有名ですね。

ワイゼンホーフ ジードルング集合住宅街
建てられたのは1924年、90年ほど前の建物で現在でも住まわれています。
おもにヨーロッパで活躍した建築家が設計した集合住宅です。
(コルビジュエの設計した集合住宅。モダニズム5原則を見ることができます。)

イギリスの産業革命から始まる機械による大量生産化が19世紀には成熟の域に達し、田舎から都市部へ若い労働者が大量に流れ込み、それら労働者の住宅問題、スラム化の解決のための集合住宅群がヨーロッパ各都市に建築されました。ドイツでも同じような問題に対して、工業都市のシュトゥッツガルト市は市を見下ろす丘の上に集合住宅群を建築することとし、ヨーロッパで著名な建築家やバウハウス出身の建築家、デザイナーにそのデザインを依頼したというもの。
モダニズム建築の集合住宅としての実験的な試みもあったようですが、このような社会背景から急速に都市部の住宅問題解決が問われた時代背景があります。第一次世界大戦を経て、ベルサイユ体制下でのドイツ経済、国民の生活状況なども勉強したくなりますね。

下の写真はその一部で、コルビジュエの設計した集合住宅です。外壁は何度か塗り替えられているものの、90年前のプロポーションはそのままです。窓やドアは木製でペンキで何度も塗り替えられています。残念ながら取り壊された建物もあり当時のすべての建物を見ることはできません。
個人的にはオランダ出身のJ.J.P アウトの集合住宅が好きです。

次回は、シュタイナー学校訪問を取り上げます。

resize0014.jpg ポルシェミュージアム

resize0013.jpg コルビジュエ設計の集合住宅 

resize0015.jpg アウト設計の集合住宅

resize0011.jpg 設計に携わった建築家たち


























posted by 上野住建 at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月07日

ドイツ・クネアズード社

グーテン・ターク!
豪雪なイメージの新潟も今年は雪少なめです。(山間部は積もってます)
明日は東京でも積雪があるとか?
都会のみなさま、革靴での歩行には十分お気を付けくださいませ。



さてさて冒頭のあいさつにもありますように
今日はドイツより、木製トリプルサッシメーカー・クネアズード社の
担当者がUENO本社に来てくれました。

担当のシェラーさん
resize0123.jpg



ドイツ国内にはサッシメーカーが7000社(!)もあるそうですが
クネアズードはドイツ国内で木製トリプルサッシ・シェアNo.1の優良メーカーです。

先だってブログ内でもご紹介済みです。
http://uenojyuken.seesaa.net/archives/20130803-1.html
http://uenojyuken.seesaa.net/archives/20131111-1.html

☆ トリプルガラス仕様
☆ Uw=0.9w/uk (ガラスu値=0.6)
☆ 国内在庫あり

クネアズード社の木製トリプルサッシは冷暖房費を確実に抑えながら
とても快適な暮らしをもたらしてくれる高性能な窓です。

ご新築、リフォームをお考えの方はぜひご注目ください!



ODK
posted by 上野住建 at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月15日

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

少し遅いですが…新年あけましておめでとうございます!!
今年もUENOをどうぞ宜しくお願い致します。

全国的に寒波がきており、新潟県も冷え込んでおります…
昨年よりも寒いような気もします…
現場での作業など気をつけて行っていきたいと思っております。

さて、最近UENOへの引き合いが多い商品を紹介したいと思います。
それはシンプソン社の内部ドアです。
#944.jpg
こんなデザインや、 

#266.jpg
こんなデザインもあります。

材種は栂材となります。
塗装をすると色が非常にキレイにでます。
水色や、黄緑をポイントで使用するのも良いのではないでしょうか☆
また、こちらのドアに使うハンドルをこだわる方も増えてきました。
UENOのカタログ掲載以外でも、こんなハンドルが良いなど要望があれば、
いつでもご相談下さい。
※見つかるかどうかは分かりませんが精一杯探します(笑)

UENOでは、住宅を建てる方のこだわりをできる限り応援させていただきます。

小唄♪
posted by 上野住建 at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月07日

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

旧年から消費税8%への動向で住宅業界はここ数年にはない忙しさだったと思います。
弊社も円安傾向でアメリカからの製品、ヨーロッパからの製品どれも仕入れ価格が3割、4割値上がりしてしまう動きでした。その中でも最小限の値上げにとどめなんとかしのいだ一年でした。

春先から消費税が上がると建築棟数は激減するとも言われます。
ただ弊社の個性あるお得意様たちは、困難や激動に対して自信を持っているように見受けられます。
私たちもそのような元気あるお得意様からパワーをもらい、元気に旧年以上の働きをしていきたいと思います。

今年も何卒宜しくお願い申し上げます。




posted by 上野住建 at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月24日

物件見学。

いよいよ本格的な冬がやってきました…
ですが、新潟県は例年よりも降雪量は少なく助かっております。

先日、最終調整にてお伺いさせて頂いた現場を紹介です。
UENOからの、納材は木製窓の「アンダーセン」です。
ブログ3.JPG
●出窓タイプは存在感がありますね。

ブログ2.JPG
●アンダーセンは室内側の木部が未塗装で納品されます。
 こちらの物件では、ホワイトに塗りつぶしていました。

ブログ1.JPG
●他建具もホワイトに塗りつぶす事で統一感がでます。

全体がホワイトのため、一部使いの水色が映えていますね☆

皆さんが、住宅を建てる際の参考になれば嬉しいです!

小唄♪


posted by 上野住建 at 08:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
過去ログ
2015年01月(1) | 2014年12月(4) | 2014年11月(2) | 2014年10月(2) | 2014年09月(1) | 2014年08月(1) | 2014年07月(1) | 2014年06月(2) | 2014年05月(1) | 2014年04月(2) |

このページの先頭へ


| 会社案内 | 個人情報の取扱について | お問い合せ |サイトマップ |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。